海外の教育を参考にしよう

海外と日本の未就学児教育の違い

日本で重要視されていること

日本は、文字の読み書きや計算問題に力を入れています。
それらは小学校に入ってから習うことですが、未就学児の時点である程度の問題を解けるようにしていた方が良いと言われます。
早くから学習することで、脳の発達を促すことができます。
脳は使わないと固くなって、記憶力が低下します。
未就学児の頃から、日本では簡単な問題に挑戦させて脳を柔らかくする取り組みが推奨されています。
ですから文字の読み書きや、計算の解き方を教えている教室が多いです。

海外はでも文字の読み書きなど基本的な知識を教えていますが、他にもプレゼンテーションができるように未就学児の頃から教えていると言われます。
自分の意見をまとめて、人前で発表できる人間に成長します。
日本では、未就学児にプレゼンテーションを教えている教室は少ないです。
ですから大人になっても、頭は良くてもプレゼンテーション能力が低いままになってしまいます。
海外を参考にして、未就学児の時点で意見のまとめ方を教えると良いですね。

また海外では遊びながら勉強する取り組みが広まっています。
子供は遊ぶことで、自身の才能を伸ばせると考えられているからです。
特に欧米では、音楽が重要視されています。
音楽教室もたくさんあり、楽器の演奏やうまく歌う方法を学んでいます。
机に向かって学習するのが苦手な子どももいるでしょうが、音楽なら楽しく勉強できると思います。
みんなで合唱したり演奏することで、協調性も身に付きます。

どんな教育がおすすめされているのか

日本では、文字の読み書きや計算問題、英語の学習などに力を入れています。 基本的な学習を済ませることで、小学校に進んでから他の生徒と差を付けることができます。 出遅れないよう、未就学児の頃から勉強させましょう、 勉強する習慣を身に付けることも大事です。

自分の意見をまとめる能力

賢いだけでは、社会に出てから活躍できません。 自分の意見をまとめて、みんなの前で発表できなければいけません。 ですから海外では、幼い時からプレゼンテーション能力を伸ばすことに力を入れています。 これが日本と海外の、未就学児教育の大きな違いと言えますね。

勉強だけさせるわけではない

勉強することも重要ですが、同じくらい重要なのは遊ぶことです。 海外では塾でもしっかり遊びの時間を確保して、メリハリを付けさせています。 遊びを含めて勉強した方が子供は集中できますし、勉強にやる気を持って参加してくれます。 勉強だけになると、次第に飽きる子供が多いです。