勉強だけさせるわけではない

子供は遊ぶことも仕事

幼い頃から勉強してばかりでは、人とコミュニケーションを取れなくなってしまいます。
遊びを通すことでルールを学んだリ、友人の作り方を学んだりします。
海外ではその能力も未就学児の時に伸ばせるよう、習い事の教室でも遊びの時間を設けています。
子供にとって休憩時間にもなるので、疲れを感じにくくなるメリットがあります。

賢い人間に成長するためでも、ずっと勉強をしていたら子供が疲れてしまいます。
疲れを感じると、次第に記憶力や集中力が低下します。
その状態で勉強していても、新しい知識を覚えることはできないでしょう。
ですから遊びの時間を含める海外のやり方は、効率の良い方法だと言われています。
子供にとって、遊びも大事だと理解しましょう。

音楽が重要視されている国

欧米では、音楽が子供の様々な能力を伸ばすことができると考えられています。
ですから日本より、楽器や歌などの音楽を習わせる親がたくさん見られます。
特に未就学児の時にから教育を開始することで、才能を開花できます。
将来子供に、音楽の道を進んでもらいたいと考えている親がいるでしょう。
しかし習い始めるのが遅くなると、なかなか才能が伸びなくなってしまいます。

難しい課題曲になると、達成できなくなるので嫌だと感じるかもしれません。
幼い頃から才能を伸ばすことで、難しい曲でも頑張って取り組めます。
そしてうまく演奏できた時は、達成感を味わえるでしょう。
1回達成感を味わうと、再び味わいたいと思って積極的に練習してくれるはずです。